バンニングとは?

HOME

物流の世界

バンニング

バンニングとは?

1.バンニング(Vanning)とは

バンニングとは、輸出する貨物をコンテナに積み込む作業です。Vanningは貨物をコンテナに詰め込むことを意味する動詞vanに由来します。

物流業界ではバンニングのことを「バン詰め」と略したり、バンニング前の中身が空の状態のコンテナを「空バン」と呼んだりすることがあります。

バンニングは、積み込んだ貨物や商品が輸送中に荷崩れを起こすなど、ダメージを被らないように十分に注意して積み込みをしなければなりません。コンテナ船で輸送される海上コンテナは、航海中、常に揺れにさらされます。養生(貨物を保護するためのシートやクッションなどの資材)を利用し、コンテナ内の貨物をしっかりと保護します。

2.バンニング作業の流れ

バンニングの基本的な作業手順について説明します。

①コンテナを運送するドレ―会社を手配します。
 「ドレ―」とは、海上コンテナを専用のトレーラーで陸上輸送することをいいます。
 このコンテナヤードから空のコンテナを搬出するのか、いつどこでバンニングをするのか、バンニングはどこのコンテナターミナルに搬入するのか、などの条件やスケジュールを伝えて依頼します。

②貨物の積み込み場所まで空のコンテナを回送します。

③空コンテナの外装と内装の状態を確認します。
 天井や壁に穴が開いていないか、コンテナの床や壁が汚れていないか、大きなサビがないか、気になる臭いがないか、などを確認します。

④貨物の積み込みをします。
 荷崩れなどでダメージがでないように貨物をしっかりと養生し、コンテナ内に積みつけながらバンニングします。
 荷崩れが発生しないように左右や上下の重量のバランスにも配慮します。

⑤扉を締め最後に金属のシールで扉を封印します。

⑥金属シールにはSeal No.と呼ばれるユニークな番号が振られています。
 このSeal No.はB/L(船荷証券)にも記載されます。
 これはバンニング後のコンテナが未開封であることを証明する役割を果たします。

⑦ドレ―会社が手配したトレーラーでコンテナをCYやCFS(コンテナフレートステーション)に搬入します。

お問い合わせ