SSCCとは?

HOME

物流の世界

SSCC

SSCCとは?

SSCCとはSerial Shipping Container Codeの略で、出荷梱包シリアル番号を意味する輸送用梱包単位の国際標準の識別コードで、国内および国際間取引で利用されています。

SSCCはGS1(流通コードの管理及び流通標準に関する国際機関)が規定するGS1-128という規格のバーコードを利用しています。SSCCのデータ構成は、頭1桁の拡張子、GS1事業者コード、シリアル番号、チェックデジットの合計18桁で構成されています。

SSCCはパレットやコンテナ、ケースなど、個々の梱包単位で識別することができ、主に検品作業などに活用されています。SSCCは特にヨーロッパ各国を中心に、物流ラベルとして活用が進んでおり、日本国内においても活用が広がっています。EC物流の領域でも利用が拡大しており、Amazonの物流ラベルはSSCCを採用しています。

お問い合わせ