RFIDとは?

HOME

物流の世界

RFID

RFIDとは?

RFID(Radio Frequency Identification)とは、電波を用いてRFID タグのデータを非接触で読み取る自動認識技術です。RFIDは、離れた位置から複数のRFID タグを一括で読み取り、瞬時に個体を識別します。

バーコードを利用する識別方法では、対象商品や貨物を1つずつハンディターミナルでスキャンすることが必要です。一方、RFIDは複数の商品を一気にまとめてスキャンできます。そのため検品や在庫確認作業などの効率化と生産性が格段に向上します。バーコードをスキャンする場合、パレット上の積みつけ方によってはバーコードが記載されたラベルが隠れている場合があります。目視ができずスキャンができない場合もあり確実な個品確認に課題が残ります。

一方、RFIDは商品の目視確認が困難な状況でも、非接触でデータを読み取ることができます。加えてRFIDタグの1つひとつにはユニークな識別番号(シリアル番号)がついているため、貨物や商品の個品確認時の正確性と精度が向上します。

RFIDタグには、強力なセキュリティを持ち複製が困難なICチップが組み込まれています。RFIDタグは繰り返し使用することができます。また、必要に応じてRFIDタグのデータを書き換えることが可能です。(※書き換えができないタグもあります)

お問い合わせ