MESとは?

HOME

物流の世界

MES

MESとは?

MESとはManufacturing Execution Systemの頭文字をとった略称で、製造実行システムを意味します。MESは製造工程の進捗管理、生産計画にもとづいた作業スケジュールの立案や作業者への指示などを行い、製造プロセス全体を管理するためのシステムです。

製造業では、一般的に生産管理システムで計画、準備、実行、管理の上流から下流までを管理します。一方、MESは前後の工程と連携しながら、実行工程に特化した機能を提供するシステムです。MESは生産管理システムの一部の工程を担います。

MESを導入することにより、実行工程における生産の無駄を削減、トレーサビリティの確保、技能の継承などを実現します。

MESの機能として、米国のMES推進団体であるMESA(Manufacturing Enterprise Solutions Association) Internationalは、1997年に以下の11項目を定義しています。

1. 生産資源の配分と監視

生産資源の状態を監視・管理し、予約・配分を実行する

2. 仕様・文書管理

作業に必要な文書(指示書、レシピ、図面、手順書、仕様書、BOMなど)の蓄積や編集を行う

3. 保守・保全管理

設備や装置、工具などの可用性を確保し、定期保全・予防保全のスケジュールを作成し、実行する

4. 品質管理

生産に関わるデータをリアルタイムで収集・測定・分析し、適正な品質管理を行う

5. 作業のスケジューリング

生産計画に基づく、詳細なスケジュールを立案する

6. 差立(作業手配)・製造指示

工程における作業の最適な順序を決定し、作業者に対する指示を行う

7. 作業者管理

作業者の作業状況を監視・管理し、最適な作業割り当てを決定する

8. データ収集

各工程の進捗状況のデータを収集・分析する

9. 工程(プロセス)管理

生産状況を監視し、作業者の判断・意思決定を支援する

10. 製品の追跡と体系管理

仕掛品の追跡と次の作業(後工程)を把握する

11. 実績分析

過去の履歴や計画と比較して生産状況を分析し、レポート作成や進捗管理、出荷予測を行う

出典:「MESA Model」
https://www.mesa.org/en/modelstrategicinitiatives/MESAModel.asp

お問い合わせ