安全在庫とは?

HOME

物流の世界

安全在庫

安全在庫とは?

安全在庫とは、通常必要な在庫に加えて最低限保持しておく在庫で、不確定要素によって生じた欠品を防ぐために必要な在庫を意味します。

JIS規格では、「需要変動又は補充期間の不確実性を吸収するために必要とされる在庫」と定義されています。

 

例えば、予期せぬ需要増があった場合、安全在庫がないと欠品が生じ、販売の機会損失が発生する可能性があります。安全在庫を一定量保持していれば、こうした機会損失を少なくすることができます。

 

安全在庫は販売の機会損失の回避だけではありません。例えば、在庫不足が生じた場合の追加の緊急製造の回避や、それに伴って生じるサプライチェーン上のアドホック(一時的、その場限りを意味する)なオペレーションの削減にもつながります。

 

一方、安全在庫は持ちすぎると過剰在庫のリスクとなります。適切な安全在庫は市場の動向や需給の状況によって異なります。需要の変動状況や調達のリードタイムを考慮したうえで、問題ないと言える在庫を持つ必要があります。
適切な安全在庫を保持するために、入庫までのリードタイムや、欠品許容率(どれくらいの欠品リスクなら許容できのか)と言った安全係数を考慮して、安全在庫を設定する必要があります。

お問い合わせ