WMSとは?

HOME

物流の世界

WMS

WMSとは?

WMSとはWarehouse Management Systemの頭文字をとった略称で倉庫管理システムを意味します。WMSには、在庫管理、ピッキング、出荷指示、各種伝票印刷などの機能があり、倉庫業務に関わるプロセスをデジタルデータで管理・運用できます。WMSの活用により倉庫業務の可視化と標準化を実現できます。

WMSの主な基本機能は以下の3点になります。

1.入出庫機能

2.荷役機能

3.保管機能

WMSを活用し、入庫から出庫に至る工程をデジタルで管理することにより、倉庫業務が可視化されます。WMSは「入庫」「保管」「出庫」の状況を一元的に把握し、ステータス管理機能とロケーション管理機能により、保管されている貨物の状態を可視化します。例えば入庫検品中、保管中、出荷止め、出荷の引き当て中などの状態を把握することができます。WMSでは現品の詳細なロット番号や入出庫日などの管理が可能であり、倉庫作業の正確性と作業スピードが向上します。

特にECビジネスではオムニチャネルが浸透し、リアル店舗とネット販売の商品在庫やロケーションをリアルタイムに把握することが必要なため、WMSの機能が有効です。

WMSはマテハン、ロボットなどの自動化機器やTMS(Transport Management System :輸配送管理システム)と連携することにより、倉庫内オペレーションの生産性向上や輸配送の効率化に貢献します。加えて、WMSはERP(Enterprise Resource Planning : 企業資源計画)システムとの連携により、受注から出荷までの工程を一元管理することができます。

ECビジネスにおいて、WMSはシームレスなCX(Customer Experience:顧客体験)を実現するための物流システムのプラットフォームです。

お問い合わせ