NACCSとは?

HOME

物流の世界

NACCS

NACCSとは?

NACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)とは、貿易関連の行政手続と民間業務をオンラインで行うシステムです。具体的には、日本に入出港する船舶・航空機及び輸出入される貨物について、税関などの行政機関に対する手続や輸出入に関連する民間業務をオンラインで処理するネットワークインフラであり、かつ港湾・空港における物流情報等を総合的に管理するプラットフォームです。輸出入には、モノの移動だけでなく、情報、課税・納税・金融、保険など極めて多くのプロセスが絡み、関係する行政機関や民間企業などのステークホルダーも多数存在します。NACCSは輸出入における航空・海上に関わる手続や各種業務、情報の共有や管理などを行います。

『NACCSの全体像』引用:NACCS 輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社「主な業務」

輸入では、船舶や航空機の入港、輸入貨物の到着から輸入通関、国内引取りまでのプロセスでNACCSを利用します。一方、輸出では輸出貨物の運送引受けから輸出通関、船舶・航空機搭載までの一連の税関手続及び関連民間業務のプロセスでNACCSを利用します。

『輸出入等関連手続イメージ』引用:NACCS 輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社「輸出入等関連手続イメージ

お問い合わせ