JITとは?

HOME

物流の世界

JIT

JITとは?

JITとはジャストインタイム(Just In Time)の略称で、トヨタ自動車が導入した「トヨタ生産方式」の要素の1つです。JITとは生産現場の各工程において「必要なものを、必要なときに、必要な分だけ」生産する方式です。JITには「かんばん方式」と呼ばれる手法が不可欠です。

この手法は、生産ラインの次の工程から「かんばん」という生産指示票を受け取り、必要な数量だけ製品を加工します。後工程から指示がある分だけを生産することで無駄な在庫をなくします。
この手法により、在庫の削減や生産コストの削減を図っています。JITの目的は生産現場のムダ・ムラ・ムリの3Mを徹底的になくすことであり、ジャストインタイム方式には以下の3つのメリットがあります。

・在庫の最適化
・コストの削減
・販売機会の確保

物流プロセスにおいては上述の意味から転じて、「必要なものを、必要な時に、必要な量だけ届ける」配送システムを意味します。生産現場や販売現場での在庫量を減らし、スペースの改善やコスト削減、管理負荷の低減を目指します。
一方で物流におけるJITは定時配送や多頻度小口配送となる傾向があるため、物流の2024年問題によるトラックやドライバーなどのリソース不足が課題となっています。

お問い合わせ