導入事例:物流ITコンサルティングサービス導入事例

HOME

導入事例

物流ITコンサルティングサービス導入事例

株式会社日比谷花壇様

ITコンサル

「すべての明日に、はなやぎを。」
フラワービジネスの株式会社日比谷花壇が、鈴与シンワートの物流ITコンサルティングサービスを採用しました。

日比谷花壇様ロゴ

日比谷花壇様 会社概要

社名株式会社日比谷花壇(法人番号 8010001027100)
HIBIYA-KADAN FLORAL CO.,LTD.
所在地〒106-8587 東京都港区南麻布1-6-30
創業1872年(明治5年)
設立1950年(昭和25年12月6日)
代表者代表取締役社長 宮嶋浩彰
事業内容・イベントプロデュース事業
・ウエディングフラワー事業
・ECにおけるフラワーサービス事業
・ダイレクトマーケティング事業
・フラワーショップの経営
・フラワーギフト/フラワーデザインの企画、制作、販売
・フューネラル事業
・各種スペースデザイン/ディスプレイの企画、設計、施工
・各種屋内緑化の企画、設計、施工
・生花卸販売ならびに関連商品の輸入販売
※上記事業内容には一部関連会社の事業が含まれます。
日比谷花壇様インタビュー集合写真
左から、日比谷花壇 イベントプロデュース事業本部 増田様、DX推進部 入佐様、
弊社 物流コンサルティング事業部 山田、日比谷花壇 DX推進部 丹下様

現在、運用ルール策定まで完了し、本番稼働に向けて導入作業中です。
株式会社日比谷花壇 DX推進部 丹下様、入佐様、イベントプロデュース事業本部 増田様より弊社の物流ITコンサルティングサービス導入についてお話をお伺いしました。

Q.1 物流ITコンサルティングサービス導入の背景を教えてください。

日比谷花壇 イベントプロデュース事業本部 増田様

A.1 まず、資器材がどこに、何が、何個あるのかが把握できていないという現状がありました。
一元管理されていないため重複して同一商品を購入発注し、二重三重の投資が発生しているケースや、余計な配送・保管コストや、無駄な工数が発生するケースもありました。
運用についても、全社としてのルールがなく、エリアごとに独自で資器材レンタルの運用をしていました。また、過去の組織体制時のやり方(生花便利用)などがそのまま残っており、実態に即していない状況になっていました。
そのため、目的を3つ定め、物流ITコンサルティングサービス導入を行うことにしました。

<目的>
①資器材の見える化、管理・運営のルール標準化
②コスト・工数の削減、効率化、生産性の向上
③ブライダル受注システムとの連携による受注から制作、納品、撤去までのDX化

日比谷花壇様導入事例抜粋
※導入事例詳細説明資料抜粋
物流ITコンサルティング詳細説明資料バナー

Q.2 鈴与シンワート採用のポイントは?

日比谷花壇 DX推進部 入佐様

A.2 物流関係のノウハウ、実績、知見の高さと、物流・倉庫管理のソリューション・サービスの豊富さを高く評価しました。

また、物流ソリューションを提供する鈴与グループの総合力も選定のポイントになりました。 提案内容と費用のバランスが取れていた点が決め手となり、採用を決定しました。

Q.3 鈴与シンワートへ今後、期待することはありますか?

日比谷花壇 DX推進部 丹下様

A.3 是非、鈴与シンワートのグループ力を生かして、他にも弊社課題にマッチするサービスがあったらご紹介ください。鈴与シンワートが培った実績、経験を活用させていただきたいです。

物流ITコンサルティング詳細説明資料バナー

お問い合わせ