SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?

HOME

物流の世界

SCM(サプライチェーンマネジメント)

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?

SCM(Supply Chain Management:サプライチェーンマネジメント)とは、調達、生産、流通、小売りを経て製品などが消費者へ届く川上から川下までのプロセスにおいて、企業間の垣根を取り払い、効率的な供給体制の実現を目的とする経営管理手法です。

SCMは1982年に米国のコンサルタント会社であるブース・アレン・ハミルトンによって提唱されました。

「供給連鎖」を意味するSCMはサプライヤー~メーカー~物流~小売の関係性の中でモノの流れ、カネの流れ、情報の流れを最適化するマネジメント手法です。

SCMが対象とする領域は調達、製品のライフサイクル管理、需要予測、供給計画、在庫計画、ロジスティクス(輸送や倉庫の管理)、受発注管理など多岐にわたります。また、国内のみならず、海外のグローバルサプライヤーも含めた広範囲な活動も対象になります。

SCMの中で重要となるのが、上流工程の精度の高い需要予測です。需要予測の精度が下流工程の効率化や、コスト最適化などに影響を及ぼすためです。

SCMはインターネットをはじめとするテクノロジーの導入で格段に進化しました。ERPソフトウエアの活用やAI、センサー技術、ロボティクスなどにより著しく進化しています。

お問い合わせ