流通加工とは?

HOME

物流の世界

流通加工

流通加工とは?

流通加工とは、流通の過程で商品の価値を高めるために施す加工全般を意味し、流通過程において顧客に届くまでの間に商品価値を高めるための工程です。法令上必要な対応や、顧客や小売の作業負担を軽減するために実施されます。アパレル・食品・電子部品など、多くの業種において必要な工程として様々な流通加工が実施されています。

流通加工は、生産工場や倉庫や物流センター、販売店舗で行われ、対象となる作業の内容は非常に幅広いものになります。具体的な作業内容としては、検品、梱包、包装、封入、丁合、貼り、名寄せ、組み立てなどがあります。

たとえば、輸入した加工食品は、そのままでは日本の市場に流通させることができません。破損や漏れの有無の検品、外装の入れ替え、食品衛生法やJAS法に基づいたラベルの貼付などが必要になります。

流通加工は労働集約的な作業が多く、効率的な作業の実施やノウハウも要求されますので、経験や実績が豊富な物流会社や専門会社に相談すると良いでしょう。

お問い合わせ