別送品とは?

HOME

物流の世界

別送品

別送品とは?

別送品とは海外から日本へ入国(帰国)する際に本人が携帯せず、郵便や宅配便などを利用して別で送る(別送する)荷物のことです。別送品は「海外から日本へ引越する際の引越荷物」や、「海外の旅行先での身回品や土産品などを渡航先から郵便や宅配便などを利用して送付する荷物」などが該当します。別送品には輸入通関が必要で、原則として本人の帰国(入国)後、6ヶ月以内に通関できるものに限られます。

別送品として送る場合は、自分自身を宛名にして必ず外装や税関告知書、送り状などに「別送品(Unaccompanied Baggage)」と表示する必要があります。日本に入国(帰国)する時に「携帯品・別送品申告書」を2通税関に提出します。1通は確認印を押して税関から返却されるので保管します。なお、確認印を押した申告書を紛失した場合の再発行はできないため、注意が必要です。また、入国後に別送品の申告を行うことはできません。

なお、商業貨物や高額な物品などを別送品として日本に送った場合は、一般の貿易貨物と同様の輸入通関手続きが必要となる場合があります。

お問い合わせ